* 自己紹介 *

初めまして。

おこしくださりありがとうございます!
和歌山の管理栄養士 北 紀子です。マイ写真 001

私は、心を癒し健康と元気を食から支援する管理栄養士です。

医療・介護を背景とした20年近い栄養士活動を通して、
様々な患者様や対象者様とかかわる中で、
『真に病から回復するにはどうしたら良いか』といった
疑問を抱えるようになりました。

それは例えば、
疾病(病気)などの原因と考えられる目の前にある食事療法などにより、

例えば入院中にこれら食の解決策をとりあげいっとき回復は望めても、
ご自宅に帰ると健康を維持する食事療法を継続することができない、
といったような対象者様とたくさんであいました。

そこには心の内奥に何らかの問題を抱えていて、
それが食事療法を継続できない理由でもあり、
またその部分の解決がなされない限り、
真の病気の治癒に至らないのではと考えるようになりました。

ただ、対象者様が継続できない理由には、
伝え手の未熟さもあることを、私自身が振り返り反省しているところでもございます。

日々の生活のなかで食事療法に対する不安や戸惑いがあってもこれらの不安などを手放し、
食事療法が難しいと思うような部分は自然と解決にもたらされ、
日常生活が円満に円滑に過ごすことができるような方法を一緒に考えています。

こういったことを背景に独自の視点になりますが、実際の活動におきまして、
家族や周囲の方たちなどかかわりのなかの対象者の姿を大切にしています。
そして対象者様が健康寿命をのばせるような良い食習慣や食生活が
維持でき自己実現を促進できるよう支援援助を行っています。

また、自らの心の病気体験を転機に、心理学を専門的に勉強するようになりました。
精神(こころ)にも寄り添える管理栄養士として社会貢献をめざします。

2013年より、食から心と体の健康を考えるにんにこオフィス所長。

― メンタルの病気について -

30歳前半から10年来にわたり、うつ病・双極性障害を経験、
お世話になった医師の前世療法に出会い、
それまで服用していたメンタル関連のお薬をすべて断ち、メンタルの不調を完全克服。
薬物治療から解放されたことを転機に、通信制大学にすすみ
心理学を専攻し2016年現在、元気に勉学に勤しんでいる。

― 経験・実績 ―

地元、和歌山信愛女子短期大学を卒業後、
約20年間、食の縁の下の力持ちとして、
病院を中心に、医療・介護の現場で勤務。
勤務した職場すべてにおいて、
食中毒発生件数ゼロ、の管理能力を有する。

― 保持資格 ―

管理栄養士(国家資格)

在宅訪問管理栄養士
(全国在宅訪問栄養学会(訪栄研)及び日本栄養士会認定資格)

和歌山県地域糖尿病療養指導士

― 所属 ―

日本栄養士会・和歌山県栄養士会
日本在宅栄養管理学会(全国在宅訪問栄養指導研究会)
日本静脈経腸栄養学会
日本糖尿病学会
NPO法人和歌山口腔ケア摂食&嚥下研究会

フォローする