【鏡開き】丸餅のように円満


睦月、1月の11日は、一般的に【鏡開きの日】と知られています。


お正月に年神様にお供えいたしましたお鏡餅。

鏡開きの、

「鏡」は円満を、
「開く」は末広がりの意。

ご周囲の方々と丸餅のようにどんどん円満になり、
善き御縁がどんどん開かれますように。

それから、よりいっそうのご健勝と、ますますのご多幸を、心からお祈り申し上げます。







余談にはなりますが、

お鏡餅の食べかたのひとつです。

寒風にさらし何日もかけて乾燥したあと、低温の油でじっくり揚げます。
しっかり乾燥できていないと、揚げた後中心に、少しだけ噛みごたえのある”芯”がありますが、お餅の揚げおかきが出来上がりますよ。


お料理をする際は、楽しい気分が調味料。どんな楽しいことを思い浮かべましょうか?

フォローする