ダイエットの際、どこに注目?

秋の食材が美味でついつい食べ過ぎてしまうことあります。

ダイエットしよう!

食生活や運動に気をつけること、それはとても良いことです。

けれども、 体重に着目すると、 必ず壁にぶつかります。
それは、体重の停滞。<なかなか、体重が減らない >
この時期を乗り越え、 食生活や運動により 健康を維持していく秘訣、

それは、、
<理想的な体型になっていく途中 >であると、自分を信じることが大事です。

体重は、BMIの計算で 22~24ぐらい、 このぐらいを目安にいたしましょう。

ダイエットをしよう!

この決意を固めたとき、体重の停滞期があることをしっかり認識しておきましょう。
そんなときに、 体重が減らなくて、自分を責めることになると、 逆に食欲におされて、
たくさん食べてしまうことになるかもしれません。

目標設定を必ず行ってみましょう。

・ぽっこりおなかをへこませる、

・ウエストのくびれがほしい、

・二の腕をきゅっとひきしめる、

・ヒップラインをきゅっとさせたい、

・健康的な食事を続けることのできる

それから、自分自身に呟く言葉も大事です。
「いま理想的な体型になりつつある」

それから、絶対に忘れてならないのは、
肉体である限り、ゼロにはならないということ。

* 体重 *

肉体 この中の60%ぐらいは、「水分」
何パーセントかは、「脳」
何パーセントかは、「筋肉」

まさか、、とは思いますが、 体重を減らして、
体重をゼロにしたいわけでは ありませんよね?
これから、 理想的な体型になっていく途中。

:・。:・。:・。

やせないことに対し、
『自分を責める』これは、自覚し手放しましょう。

あなたという人間は、この世にたったひとり、

世界にたったひとり、大切な存在だから。

フォローする